令和2年12月4日 師走ですね。


やることがいくらかあって、少し忙しい気分でいるのかな?

今日は、もう少ししたら出かけないとならなくて、戻ってきてからようやく、考える仕事なのか勉強なのかができるわけですよ。

勉強がって、そうそうISO9000です。

これが問題で、何が問題かというと

これの資格を取るために一週間のマジ研修を受けてきたわけよ。

それも結構いい値段してね。

20万円くらい。

9時から18時までとかを5日やるんよ。

して、落とす試験が最終日にあるから、まあまあ勉強もしてないとたまに落ちるみたいな。

それが北海道にないから東京で受けてきたんよ。

して、無事資格は取れたんですがね、登録もできたんですがね、審査機関に採用されないんよ。

どういうこと?

資格って受かっただけだとその資格を有する者で実際の資格を名乗ったらダメなの。

例えば、税理士も登録してないと税理士資格を有する者になるんよ。

要は、受かったけど、税理士の仕事しないっかなーみたいな。

そんなんだからやる人だけちゃんと登録しないと名乗っちゃダメよってなってるのが資格というものなのかなと。

だから、税理士であれば個人で開業するのかどこかに所属するのかをしないとならないということ。

これがISOも一緒ってことだけど、ちょっと、違うんよ。

何が違うかって、登録までできちゃうとこ。

そんで、一年経ったら資格の維持継続をするやら、たくさん審査したから審査員補から審査員に格上げするやらを手続きするんだけど、それはどこかの審査機関に所属している前提なんですよ。

そりゃそうだ。

実務経験があったり勉強しているから維持継続や格上げがそれぞれの登録者の状況によって進めるということなんでしょ。

維持継続するだけでも、その資格に見合った知識や勉強を進めてますか?

ということで、規定のセミナーを受講してないとダメになるよって。

そのセミナーに出たら証明書を発行するからそれと一緒に更新料を12,100円払っておくれと。

その規定のセミナーは東京や大阪くらいにしかなくて、日程的にギリギリだったし、コロナだしで行かなかったんよ。

でも、そのセミナー5万くらいするのさ。

一日の研修なんだけど、そうなると旅費や宿泊費がかかるでしょ。

何だけど、所属していると所属している審査機関で勉強会とかやってるからこんなの直ぐ要件満たしてお金だけ払えば済むんだと。

普通、審査機関に所属できるから、それからこぼれた人は民間のISOを教えるところで研修するわけ。

そんな所属してない人なんていないけど自分で勉強するよりも楽なんだからこのくらいとりますよってことなんでしょ。

そんなところで金儲けしなくてもいいんじゃね?って思う訳よ。

だって、こぼれたくてこぼれたわけでないでしょ?

でもさ、いるのよ、ここに・・・

審査機関に経歴書とか送ったら落ちるなんて思ってなかったけどさ、2回落ちたのよこれが!!

どういうこと?

何が悪いんだろうね。

確かに登録するような人は年配の人が多いのは聞いたことあったけど、そんなの次の世代に引き継がなければならないんだから入れるでしょ。

それに製造業にいた経験ないけどさ、私は勉強するよ、たくさん。

分からないことは勉強でカバーする気でしたよ。

それでも落ちるってどういうこと?

理由もわからん。

そうなのに、一年経つからお金をおさめれと。

そして、勉強進めているでしょ?ってことでセミナーや勉強会でてたら証明書だせだと。

んなもん受けてないわ。

そんなのもしてないと最後の砦のレポートを提出して勉強しているをアピールしてお金をおさめるという方法しか残ってないわけよ。

なんだろね。

何か闇感じません?

俺だけ?感じるのは。

何のためのものかさっぱりわからなくなったわ。

でも、腐らずに、ISOの考え方や仕組みはいいもんだと思ってるから、勉強しないとって思ってるのさ。

ISOの審査にも規格事項でこんな会社あったら是正するだろうけど身内には甘いんだろうね。

して、こんなアンチなこと書いているから、きっと、また、はねられるんだろうね。

と思いつつ、腐らずに勉強進めないとっていうことで、今日の目標はISO講座の取りまとめを進めるよ。

以外に聞いてて面白いのよ。

生命保険よりおもしろいね。

やっぱり、好きなことだと聞いててもいろいろ発想がわいていいね。

でも、早く終わらせないとならんのに、違うことも進めんとで、よくある優先順位ってやつだね。

とりあえず、目の前のやるべきことをやってから、帰ってきて昼寝してから考えるかー