交流で新しいものが生まれる!コワーキングスペースならサンナナ

旭川市3条通7丁目ヨネザワセブンビル2F

0166-56-9648

営業時間10:00~22:00

あさひかわサンナナ(asahikawa37) > ブログ > 六次産業のボードゲーム

blog ブログ

六次産業のボードゲーム

40769


40769

街おこしイベントにピッタリ。
これを旭川に置き換えて議論して作ればいいんですね。
して、ふるさと納税の法人版も税制改正で増えたということなので、これを追い風に旭川でも「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業」を内閣府から認定される事業を考えればいいんですね。
何てとこまで考えてしまいました。
少し、解説すると、ふるさと納税は安倍内閣肝いりの地方創生事業として、まずは個人版ふるさと納税からはじめてました。
これを企業番でも拡大して法人の損金にしていこうということです。税制的にもメリットをあげることで寄付を募りやすいということです。
地方交付税交付金が財政上減る一方なので、一つの財源調達方法として、この企業番ふるさと納税を税制改正で織り込んでスタートしたというのが簡単な経緯です。
寄付する側も寄付される側もありますが、寄付される側は、社会事業をするにしても内閣府の認定事業になればその企業番のふるさと納税の寄付される側になるということです。
この認定にはもちろん、北海道や旭川市の協力が必要みたいです。
認定される要件として市とか道のお墨付きがあるかが必要なんですね。
ということで、その要件をみたした事業を作ればいいんでしょ。
だったら、シミュレーションしないとだめだよね。
ということで、このボードゲーム。
六時化農村です。
六次産業を題材にしたゲームなのでこれを遊ぶことによって、旭川に置き換えて考えることができます。
それを一人一人落とし込んで、どうやったら旭川の街おこしができるかということをブラシュアップしていくというなんて画期的なイベントでしょう。
ということで冗談が過ぎましたが、試みとしては面白そうなんで力を入れずにやっていきたいと思います。
ちなみに、ふるさと納税の詳しい解説はこれ
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/tiikisaisei/pdf/furusato23tebiki.pdf

 

ブログ一覧